K-MAGAZINE K-マガジン

COLUMN コラム

2019-01-04

近藤博美のコラム

前号にまちづくりの話を書きましたが、リノベーションの勉強会等にうかがうとソーシャルデザインの話題がよ
く出てきます。AIに仕事を奪われる時代が目の前にせまったこの時代に人の繋がりに活路を見出そうとする動き
しょううか?



昨年の10月に2018年度のグッドデザイン賞の結果が発表されました。大賞は「おてらおやつクラブ」が受賞です。貧困問題解決に向けてのお寺の活動(お寺の「おそなえ」を仏さまからの 「おさがり 」として経済的に困難な状況にある家庭へ「おすそわけ」する活動)がソーシャルデザインとして大賞に選ばれたようです。デザインの世界も変わって来てますね。


 
今年のお正月休みの最終日に由布院の「COMICO ART MUSEUM」へ行って来ました。隈研吾が設計したそうで、やはり彼の設計した根津美術館が思い出されます。
建築中の新国立競技場等で話題の建築家らしく、展示作品を楽しみに来られる人と、建物を見に来る人が半々だそうです。
私は建物はもちろん、村上隆、杉本博司の作品がまとまって見れるので楽しみでしたし、MUJIのデザインで有名な原研哉がロゴデザインをやったみたいで楽しめました。
スタークリエーター達が作った必見の現代美術館は大満足でした。
【ギャラリー1】では村上隆の6作品が

【ギャラリー2】では杉本博司の〈海景〉シリーズが5点展示されています。

Web予約、定員制で、ツアー形式で一時間ほどかけてゆっくり回りましたが。正月の特別ツアーと言われて、どこが特別かよく解りませんでしたが、最後には由布岳を眺めながらお茶をいただき、ほっこりしたひと時を過ごす事ができました。
みなさまもよかったら行かれてみてはいかがですか?

NEWS

2020.03.163月24日~3月30日 完全予約制・完成見学会開催!